高級デリヘルにまつわる思い出

高級デリヘル「夏の思い出」と言われて真っ先に思い出すのが高級デリヘルです。自宅にいながら「旅の恥はかき捨て」という相応しくない言い訳を使い、高級デリヘルを読んだのは去年の夏でした。暑い日でした。朝から気温がぐんぐん上がってね、昼なんかクーラー無しじゃ過ごせないほどでしたよ。でもそんな日に限ってクーラーが使えなくなったりします。「この世の終りか」と思っている時に閃きました。「高級デリヘルを呼べば全てが解決する」という天啓です。この天才的な閃きを持って、私はサイトからさっさと連絡をつけて呼ぶことにしました。昼間からデリヘルを呼ぶことに一切後ろめたさはありません。むしろこの時間帯なら、お客が少ないからよい女性が来てくれるのではないかと考えました。予感は当たりました。私の住む何の魅力もないアパートに、全く場違いなきらびやかさ誇るキャストが到着したのです。辺りの住人は訝しんだことでしょう。何のとりえもない私が美女を呼びつけているのですから。しかしそれは金が解決してくれます。デリヘル嬢はとにかく金を払うように要求し、ハンカチを敷いた上に座ってたばこを吸い始めました。
高級デリヘルサイトを閲覧する時、私は決まってアイスを食すようにしています。なぜなら高級デリヘルサイトを見ていると体中が熱くなってきて、冷静な判断ができなくなるからです。風俗サイトを見ている段階で冷静な判断ができていない気もしますが、とにかく心身を落ち着ける必要があります。しかし高級デリヘルサイトを見ていて心が落ち着くのなら、最初から風俗に行く必要はないといえます。なので、そのせめぎあいが続いて閲覧時間が伸び、アイスの消費量がますます増えていくことになります。ところで、私はこれらのサイトを見る時は、夏だろうが冬だろうが関係なくアイスを食べることにしています。デリヘルサイトを見るとアイスが食べたくなり、アイスを食べ始めるとデリヘルを呼びたくなります。これは場所を問わない症状であり、仕事中だろうが外国だろうがこの発作が出てきます。そうしたら必ず私はデリヘルを呼ぶようにしています。呼べないのであれば異常に駄々をこねます。こうやって私は高級デリヘルサイトとともに、人間として成長してきました。
昔はマンガを読んでいてつい夜更かしをしてしまうことがありましたが、現在では高級デリヘルサイトを見ていて夜更かしをするのが一般的です。高級デリヘルサイトの場合、見目麗しいキャストが多数掲載されているので、どの女とどんなプレイを楽しもうかと考えているだけで、あっという間に朝になってしまうという話です。これは誰しも通る道だといえるでしょう。しかし実際にデリヘルを依頼する時は注意が必要です。男の体力も睡眠により担保されるところがあるので、デリヘル前日はしっかりと寝ていたほうがいいでしょう。日頃の疲れをとって、万全の状態でキャストと一線交えるのが男としての礼儀です。あまりにも体力があってキャストが大変なことになる方が、風俗産業の正しいあり方であるといえるでしょう。なのでデリヘルを依頼する人は、何としても睡眠不足にだけは気をつけて下さい。デリヘルサイトを見るのは適当なところで切り上げて、まあマンガを読みながら寝るのが一番いいといえます。