品川高級デリヘルでパイズリ

即抜きができる高級デリヘルを利用する私にとっては、すぐに自宅まで来てくれる圏内のお店しか利用しません。都内全域を網羅しているお店がたくさんありますが、拠点となるところが近くの方が、断然待ち時間は少ない気がします。というわけで、今回も自分が住んでいるところが拠点となっている品川の高級デリヘルを利用。
待ち時間は20分。これくらいならベストです。ちょうどくらいの時間に女性が到着。高級デリヘルだけあって、女性のレベルの高さは相変わらず素晴らしい。それに、脱いでいないのに巨乳だということがわかるくらいの胸のふくらみ。それを見るだけで、私のアソコもどんどん膨らんでしまいます。はやる気持ちを抑えて、しばしのトークタイム。この時間帯からタッチが旺盛な女性だと、ベッドでもエロイという自分なりの考えがあり、今回もタッチが多めで距離近め。そんな距離感が自分にとっては恋人気分を感じさせてくれるのでツボです。軽くキスと胸揉みをしていると、相手からブラを外しだす積極ぶり。そのまま乳首を舌で転がした後は、シャワーへと流れていきます。
シャワーでのプレイはそんなに好きではないので、ササッと洗ってもらって、あとはベッドに転がり、彼女がバスタオルで体を拭き終わるまでは妄想タイム。あのおっぱいをどのように楽しもうかを考えていました。寝たままの私に覆いかぶさるように彼女が寄ってきてくれると、既に彼女の乳首はビンビンの状態。体に触れるたびに小さく吐息を漏らすほどの敏感さんのようで、早速騎乗位からの乳首舐めを実施。これには彼女も大変気持ち良くなってしまったようで、アソコはヌレヌレの状態。69をしながらお互いのアソコを舐め合って、指で蜜樽をかき回していると、いつの間にか彼女は昇天。敏感高級デリヘル嬢との時間は、いつもとは違った流れが新鮮で、自分の興奮をどんどん刺激する要でした。
念願のパイズリも堪能でき、そこからは待ちに待った素股タイム。騎乗位だと美乳がブルンブルンと上下するのがいやらしく、おまけに敏感な彼女は自分でおっぱいを揉みだして、更なる興奮を高めてくれたのです。こんなにもいやらしく悶える高級デリヘルは初めてという感じがしたのを今でも鮮明に覚えています。やっぱり風俗の利用は敏感な女性に限ります。しかも、即効抜きたい時にも利用できる範囲のお店であれば、延々待ち続けることなくスムーズに「ヌキ」が実行できるので、イライラすることなくスッキリがすぐに味わえます。