東京高級デリヘルと価格帯について

東京の高級デリヘルは風俗業界でもトップクラスの価格設定となっており、それにともない在籍している風俗嬢のレベルも高いと言われている。ただその反面でお店によって価格設定に偏りがあり、中には「高級」と呼べないというお店も存在する。ここではコスパなどを考えて良い価格設定の東京の高級デリヘル店について書いていこうと思う。
・総額6万円前後
東京にある高級デリヘルの中で最もコスパが良いと思われるのが、総額6万円前後という価格設定のお店。この金額は他の風俗店で当てはめると高級ソープ店なみということになる。身体的な負担が大きく若くて良い女の子が集まりにくいと言われるソープの中で、現役のAV女優が在籍するなどハイクラスな女の子が多いのが高級ソープ。そのような現状であるため良い女の子が集まりやすい高級デリヘルでは、さらにレベルの高い女の子が多いと思われる。基本的に本番ができないといった欠点こそあるが、それを差し引いても十分過ぎるほどキレイな容姿の女の子が多いと言える。また総額6万円前後というのは一般的な風俗店に換算すると2~3回分ということになる。どれだけの頻度で風俗に行きどれだけお金を使うかは人によって異なるが、それでも6万円というのは他の風俗利用を制限することで遊ぶことができる値段。そのためある程度の値段で良い女の子と遊ぶことができるため、コスパが良い価格帯だと言って良いだろう。
・総額10万円以上
東京の高級デリヘルの中で次にコスパが良いと思われるのがこの金額のお店。総額10万円という金額は決して安いものではなく、人によっては月給のほとんどが持っていかれるような金額だ。それだけにただ容姿・性格・サービスに優れているだけでは割に合わない。ホームページにも書かれているように現役のモデル・レースクイーン・AV女優などと濃厚なプレイをすることで釣り合ってくる金額と言える。また価格設定がビックリするほど高いのは、何かあったときにすぐお店を畳むという場合もあるということ。そのようなことも含めてあまりコスパが良いとは言えないだろう。
・総額3万円前後
この価格帯は一般の風俗店と同等の価格設定であるため、高級デリヘル店とは言えないかもしれない。そのため一般的な風俗店と同じような女の子が在籍し、容姿・性格などの面で外れと呼べるレベルの人がいる危険性がある。そういう女の子と遊ぶリスクを考えると最もコスパの悪い価格帯と呼べるかもしれない