六本木高級デリヘルを堪能

ビジネスホテルにも六本木などの高級デリヘル嬢が来てくれるようになった現在は、出張の度に綺麗な女性との楽しい情事が遠慮なく繰り広げられるようになっています。でも、ローションを使ったプレイも楽しみたいので、基本的には近くのラブホテルを手配して、六本木の高級デリヘルを利用するようにしています。
今回はマット経験のある高級デリヘル嬢を指名。素股の気持ち良さをコントロールできるマット嬢の魅力は、僕にとっては当たり前の情報です。なので、経験者であれば、真っ先にマットプレイの極意を知っている女性を探すようにしています。ローションを上手に使って気持ち良さを演出してくれるのは貴重な存在です。
店舗型風俗店とは違って、高級デリヘルはホテルや自宅など、女性が派遣された先でサービスを行います。万全の機能が備わっているラブホテルであれば、サービスに支障なく楽しめます。自宅のお風呂は狭すぎて、とても長時間いる気にはなりませんが、ラブホテルのシャワー室は広く、浴槽にお湯を貯めて入っても、2人が足を延ばしてゆったり過ごせる作りになっているところが多いです。ビジネスホテルのシャワー室は一人で利用することを想定して作られているので、高級デリヘルを利用する場合には不向きです。そのことをわかっている僕は、迷わずラブホテルの位置をチェックします。
今回もラブホテルから六本木高級デリヘルの予約を行って、いつものように情事を楽しませてもらいました。綺麗な女性というコンセプトは曲げたくないので、価格は落とさずに高級志向を貫き、確実に美女と出会える状況を作るようにしました。その設定はパーフェクトだと自画自賛したくなるほどの計画の良さ。スムーズに女性も訪れてくれて、休憩時間分の支払いだけでホテルの負担は終了。オプションをつけても比較的リーズナブルに高級デリヘルが使えたのもラッキーでした。
プレイは女性が受けのタイプだったので、とにかく自分の全力を注いで愛撫をすることにしました。全身リップをしながら彼女のアソコに指を沿わせてみると、すでに糸を引くほどの反応を示していることに驚きました。指で刺激をすると、奥から暖かいものがどんどん溢れてきます。
彼女の敏感さは素股でも威力を発揮。今回ばかりはローションを使うことなく素股が楽しめました。天然の分泌物で、あんなにもトロトロのアソコになるのは感動的。六本木高級デリヘルに在籍している女性の中でも、トップクラスの敏感さを披露してくれた夜を堪能しました。